商標調査

登録(使用)したい商標がきまったら、すぐに特許庁へ出願すれば良いわけではありません。事前調査を行わずに出願した場合、審査の段階で拒絶理由が発見され、意見書・補正書での対応など、専門知識を要する対応に追われることもございます。また、拒絶査定がなされた場合には、せっかくの出願費用が無駄になってしまう可能性もございます。

このように、出願費用や労力を無駄にしないためにも、商標を出願する際には、専門家による事前調査を行うことをおすすめします。
事前調査では、商標の専門家が、その商標が他人の登録・出願商標と同じではないか?似ているものではないか?その商標は識別力を有するか?などの調査をいたします。商標登録の出願をする時は事前調査を経たうえで、安心で確実たる登録を望みましょう。

こちらのページの指定商品・指定役務の一覧表もぜひご覧になってみてください。
また、こちらのページでは、商標登録の必要性について解説しています。
商標の識別力に関してはこちらのページが参考になると思います。

自分で商標調査を行い、自分で出願を行う場合には、商標についてや法律の知識が必要となります。ネット上では、様々な情報がありますので、参考にされるとよいでしょう。ただし、商標法は頻繁に改正が行われますので、定期的に更新が行われているサイトを参考にしてみてください。古いホームページの場合ですと、情報が古い可能性があります。