商標ってなに?

商標というのは、商品の名前や会社の名前などのことをいいます。法律上では、標章(人の知覚によって認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるもの)のうち業として使用しているもののことを商標と定義してあります(商標法2条)。

商標には、文字だけのものもあれば、図形だけのものもありますし、文字と図形が組み合わさったもの、立体的なものなど様々です。例えば、皆さんがよく知っている「高島屋」も株式会社高島屋によって登録されている商標です。また立体的な商標の例としては、ケンタッキーフライドチキンの「カーネルサンダースの人形」や、株式会社くいだおれの「くいだおれ人形」などがあります。

商標は、事業をする上において、欠かせないものです。 需要者は、商標を目印に商品を購入したりサービス(役務)を受けたりするからです。 一般的に商標には、4つの機能があると言われています。 先ず、お目当ての会社の商品・役務と、他社の商品・役務とを識別する自他商品等識別機能を有しています。次に、一定の標章が付された商品・役務は、一定の出所から流出したものであることを需要者に認識させる出所表示機能。さらに、一定の標章が付された商品・役務は、以前購入したり役務の提供を受けた時と同じ質・品質の商品・役務であると需要者に期待させる品質・質保証機能を有しています。そして最後に、その標章が付された商品・役務を見た需要者が、「商品を購入したい」「役務の提供を受けたい」という意欲を惹起させる、宣伝広告機能を有しています。

商標は、使用することによって初めて4つの機能が起動し、価値を有するものです。また使用によりその商標に化体した価値(業務上の信用)を保護するために、商標登録を行うのです。
商標登録には存続期間があります。

こちらはブランド名を商標登録するための特許事務所のサイトです。
商標に関する相談や、商標調査なども行っているようです。
ぜひ、ご覧ください。